【Excel】関数ネストでの注意点!知ってるようで知らない基礎知識!Excel2016ではネストは不要!?

0

    JUGEMテーマ:パソコン教室





    こんにちは!ハロー!パソコン教室イオンタウン新船橋校 鈴木( @hello_shinfuna)です。

     

    皆さん、Excel関数のネスト(入れ子)はご存知ですか?

    Excelには便利な関数がたくさん用意されていますね。その数はざっと300を超えるようです!ありすぎ。

    私もおそらく1/5程しか把握できていないと思いますが^^;

    関数は単独でも十分機能を果たしますが、複雑な表計算や多量のデータを扱う場合は一つの関数を使用しただけでは自分の欲しい結果が得られない場合があります。

    もちろん処理を何度かに分ければ一関数の使用で対応できると思いますが、面倒臭いですしシンプルではありませんよね?

    そんな時に活躍するのがネスト(入れ子)です!

    一つの数式の中に複数の関数を入れ込むという技です。

    知ってるのと知らないのとでは、作業効率にかなり違いがでてくるので是非修得されることをオススメします♪


    今日はExcelのレッスンで教室に通っている生徒さんからも質問の多いネスト使用時の注意点について説明していきたいと思います!

    ※ネストを知らない!という方はまずはネストの仕組みを理解してから読んでいただければ尚良ですね!


    スポンサーリンク

     

     

     

    よくあるエラー! 数式の中に入力した覚えのない『+』が表示されてる!?

     

     

    関数ネストを使用する際、関数ダイアログボックスを使わずに数式バーに手打ちで数式を入力する方は少ないのではないでしょうか。いくつ関数を入れ子にするかにもよりますが、長くなるに連れ今入力してる箇所はどの関数の引数なのか分からなくなったり、括弧の数を把握できなかったり等で、エラーになるパターンが多いことが理由です。

     

    というわけでダイアログボックスを使われている方が多いと思いますが、『+』マークが勝手に数式に入っていたことはありませんか?

    いくつも関数を入れ子してやっと終わったー!とOKボタンを押したら、結果が『#NAME』と表示される…

    一気にテンション下がりますよね^^;

     

     

    入れ子になってる関数の前に『+』が挿入されていますね。

    一体、何が原因でこのようなことになるのでしょうか。

     

    これはダイアログボックスを使っている故に起こり得る事象です。

     

    誤  =IF(G4>=110%,A+IF(G4>=100%,B+IF(G4>=90%,"C","D")))

    正  =IF(G4>=110%,A,IF(G4>=100%,B,IF(G4>=90%,"C","D")))

     

    『+』が入っている箇所に『,』(カンマ)が表示されている状態が正しい数式です。

    要はカンマが挿入されるべき箇所にプラスマークが入ってしまったのでエラーとなったわけですね。

    ではこのカンマ、ダイアログボックスを使ってネストをした際には自分で挿入はしませんよね。

    Excelさんが自動で入れてくれるものなのです。

    自動で入れてくれるものなら原因は自分にないんじゃないかと思いがちですが、問題はダイアログボックスの操作(厳密に言うなら引数入力時の操作)にあります。

     

    以下のダイアログボックスではIF関数の偽の場合にIF関数をネストする時の手順です。

    偽の場合にネストするわけですから、もちろんカーソルは偽の場合の引数欄にないといけません。

     

     

    上記のダイアログでは真の場合に入力された”A”の後にカーソルがありますね。

    この状態でネストボックス(通常:名前ボックス)から新たな関数を呼び出すと数式上ではカンマの代わりにプラスマークが入ってしまうわけです。

     

     

     

    たったこれだけのことです^^;

    ネストをする場合は必ず、引数欄を確認してから行いましょう!

     

    もちろん気づかず最後まで指定してエラーとなってしまっても、数式バー上のプラスマークを直接、カンマに変更すればOKですよ!

    また最初からやり直しか…と凹まないでくださいねw

     

     

    ネストの途中でOKボタンを押しちゃった!! 続きから始める方法とは!?

     

    これまた生徒さんから『どうしよう』と質問を受けることが多い事例です。

    数式が長くなるネストではネストした関数に戻ったり、入れ子にした関数を再表示したりとダイアログの表示内容を切り替える必要があります。

    そしてこの操作中にうっかりミスをしてしまうパターンが多いのです!

     

     

     

    これは国語と数学の点数がどちらも80点以上なら結果欄に"合格"と表示させる数式です。

    数式バーを見てもらうと分かる通り、IF関数とAND関数がネストされています。

    この手順ではAND関数の引数を指定した後、IF関数に戻る操作が必要になります。

     

     

     

     

    上記はIF関数の論理式にネストしたAND関数の入力が終わったところです。

    次の正しい操作としては数式バー上のIFをクリックしてIF関数のダイアログに戻り真の場合と偽の場合の引数を入力することですが、ここでOKを押してしまう方も数多くいるのではないでしょうか!

    かく言う私も未だにOKを押してしまうことが多々あります^^;

    OKを押してしまうと…

     

     

     

    このようなメッセージが表示され、さらにOKをクリックすると数式が途中で終わってしまいます。

    終わってしまった数式バーの関数名をいくらクリックしてもダイアログが表示されることはありません…

    さぁ困りました。皆さんならどうされますか?

    潔く諦めて一から作り直しますか?

    いやいや、面倒くさいでしょう!

    今後もきっとネストの途中でOKをクリックすることもきっとあります(笑)

    ならばここから編集状態の続きに戻すことを覚えた方が得策ですよ!

     

    その方法はいたって簡単。

     

     

    関数の挿入ボタンをクリックするだけで、ダイアログボックスが復活します。

     

    とっても簡単でしたね!

    知ってるのと知らないのとではかなり無駄な時間を費やしそうです。

     

    この方法は既に入力が完成してる数式にも適用できます。

    数式が入力されているセルをアクティブにし、関数の挿入ボタンを押すとダイアログボックスが表示されます。

    値を変更した場合や、さらにネストを追加した場合など使えそうですね!

     

     

     

    最後に朗報!? Excel2016では複数の条件分岐でネストをしなくてもいい!?

     

     

    ここまで散々、ネストを使う時の注意点を説明してきましたが、最新OfficeのExcel2016バージョンではネストを使わずとも複数の条件分岐が可能になりました。

    新しくIFS関数というものが登場したからです!!

    これまで複数の条件を判定したい場合はIF関数をネストすることで求めていましたがExcel 2016では、IFS関数によって一つの関数で行えるのです。

     

    すごいです!

    Excel進歩しましたね!

     

    このIFS関数についてはまた次回詳しくレポートしたいと思います。

     

     

     

     


    いいね or シェアして友達と記事を共有しよう



    このブログを定期購読するなら下のボタンをクリック!

    follow us in feedly

    パソコンの基礎からMOS対策講座まで、船橋市のわかりやすいパソコン教室です!
    まずは、無料体験からお気軽にご連絡ください。

    お問合せ(お電話)047-406-5786
    〒273-0864 船橋市北本町1丁目830-1 イオンタウン新船橋店 マックスバリューさん2F 


     

     

     

    スポンサーリンク


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    教室情報

    ハロー!パソコン教室イオンタウン新船橋校
    ハロー!パソコン教室
    イオンタウン新船橋校
    〒273-0864
    千葉県船橋市北本町1-19-50
    イオンタウン新船橋2F
    お問合せ(お電話)
    047-406-5786

    営業時間などの詳細はこちらをご覧ください
    ハロー!パソコン教室イオンタウン新船橋校無料体験レッスンのお申し込みはこちらから
    417.gif

    リンク

    イオンタウン新船橋校はこんなところ!

    明るく楽しいスタッフ達があなたのやりたいことを徹底的にサポートします!
    P1020171.jpg
    レッスンは集合形式ではなく、個別学習式。パーテーションで区切られた個別空間でご自分のペースでレッスンを受講いただけるのが人気の理由の一つです!

    Twitter

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【iPad】月額料金は必要?Wi-FiモデルとCellularモデル、どっちを買ったら良いの?
      石川
    • 【iPad】月額料金は必要?Wi-FiモデルとCellularモデル、どっちを買ったら良いの?
      はるか
    • 【10回ミスったらアウト??】パスコードを忘れてしまったiPhone・iPadの強制初期化方法と再設定について
      iPhone パスコード 解除
    • 【iPhone】無料英語学習アプリの決定版!Duolingoで毎日の空き時間を学習時間に変える
      Eduardo
    • 【iPhone】連絡先が重複して困ったらこのアプリ!その名もCleaner
      iPhone 連絡先 重複
    • 【ガラケー】auのGRATINAからiPhoneへ連絡先を移行する方法。誰でも出来る方法を模索してみたよ!
      まつ
    • iPhone・iPadが再起動を繰り返す「リンゴループ」になってしまった時の対処法まとめ
      iPhone 再起動 ループ
    • 【Excel】計算方法が勝手に手動になってしまった!その原因とは?
      ごとう
    • 【Windows】Outlookの連絡先データをGmailに引き継ぐ方法
      ヨシ
    • 【アイコス】iQOSにこびりついた頑固な汚れを安価で綺麗に落とす方法!

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM